「詳しくは○○と検索」で、商品検索件数が通常CMの平均2.4倍に

2007年10月17日 by Hitoshi Hiratake

INTERNET Watch の「詳しくは○○と検索」で、商品検索件数が通常CMの平均2.4倍にを読んで。

※上記ページより引用
「詳しくは○○と検索してください」などの手法で検索窓を表示するテレビCMは、検索窓を表示しないテレビCMと比較して、広告対象商品に関する検索件数が平均2.4倍増えることがわかった。
(中略)
ただし、画面上に検索窓が表示されるだけで、「検索後にどういった情報が得られるかについての説明がない広告」や「音声や効果音での注意喚起がなされていない広告」については、検索窓を表示する効果が見られなかったという。

個人的な解釈も含め、気になったポイントをリストアップしてみる。

  1. 検索窓を表示することはサイト訪問を促す表現として有効
  2. サイトに訪れるとどんな情報が得られるのかを伝えるのは大事
  3. 注意喚起(音)も大事

今回の調査結果はテレビCMに検索窓を表現した場合の結果ですが、上記の特徴はテレビに限らず新聞や雑誌の広告などでもホームページに訪問を促す際に応用できるテクニックではないかと思います。

さすがに紙媒体で「音」を使った注意喚起は難しいですが、配色やレイアウトなどデザイン上のちょっとした工夫で注意喚起することは可能です。

紙媒体でもホームページへ訪問を促す広告をデザインする際はこれらの点を踏まえて制作するとホームページへの来訪率がアップするかもしれませんね。
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男