Adobe share (beta)

2007年11月24日 by Yuichi Kasai

adobe_share_main.jpg

adobe_share_mylibrary.jpg 先月2007年10月25日にベータリリースされた、オンラインファイル保存、共有を目的としたサイト「Adobe Share」を体験しました。

基本的に従来からあったオンラインストレージサービスサイトであるアップロードの煩わしさはなく、アップロードするファイルを指定し、そのファイルを誰もが自由に参照できるようにするか、特定の相手だけに指定するか指示するだけの行為と、Flashによるインタフェースが洗練された印象を受けます。

また、WEB上でユーザがファイルをどのように共有しやすいかを意識し、Share&Download形式と、embed形式で書き出されるため、ファイルを簡単に共有してもらえるサービスとなっています。(左画面が管理画面、赤枠は1つのファイルの管理表示を拡大したもの。下の画面は、Share&Download形式でそのファイルだけのURLから閲覧したもの、下は、embed形式で書き出したものを表示したもの。どちらも画面をクリックすれば自分のLibraryページに登録を促す画面が表示される。)

adobe_share_mylibrary2.jpg ■対応しているファイルフォーマット。
  1. Microsoft Office 2003 and 2007 formats, Rich Text Format (RTF), Open Office formats, text, and PDF.
  2. HTML
  3. Adobe supported image formats: GIF, JPEG, BMP, PNG
  4. Creative Suite file formats
    (ここが重要かもしれません)
  5. ZIP
  6. SWF and Captivate formats

■未対応のファイルフォーマット。
(アップロードもできないようです)
  1. Media: MP3, AAC, MOV, WMV, OGG, FLV, XVID, DIVX.
  2. Fonts: TTF, DFONT, OTF
  3. Archive: TGZ, 7Z, SIT
  4. Executable files or script code: EXE, DLL, JAR, WAR, CAB, JS, VB

もともとAdobe製品にはWEBを使って複合的に作業を進めるサービスが存在し、使い勝手のいい悪いは別にして様々なノウハウを蓄積しており、Macromedia製品の買収による技術の後押しもあって続々とこのようなサービスが出てくるかもしれません。
実は、もう一つオンラインストレージ&共有ものとして、A Driveも紹介。50GBです。
ただし、どちらもベータ版であることに気をつけてください。
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男