「アトリエm4」、JWDA主催の「第4回 WEBデザインアワード」にて奨励賞を受賞

2009年3月6日

アトリエm4
株式会社プラルトが制作したWEBサイト「アトリエm4」がJWDA(日本WEBデザイナーズ協会)主催の「第4回 JWDA WEBデザインアワード」において奨励賞を受賞しました。株式会社プラルトは昨年の同アワードの優秀賞に続く受賞で、長野県内のWEB制作会社として初の2年連続受賞となる快挙となりました。

授賞式は2008年2月26日、都内会場で行われ180にもおよぶ作品の中からグランプリを含めた15の受賞作品が発表されました。

審査員にはJWDA会長の日野水穂をはじめ、
谷口正和(株式会社ジャパンライフデザインシステムズ代表取締役社長)、
中西元男(PAOS & World Good Design代表)、
福田敏也(株式会社トリプルセブン・インタラクティブ代表取締役)、
遠藤直紀(株式会社ビービット代表取締役)、
高木敏光(株式会社タカギズム代表取締役)、
村山らむね(有限会社スタイルビズ代表取締役)
らが名を連ね、計7名によって審査が行われました。

審査のポイントは、WEBサイトとして、グラフィックデザイン、インタラクションデザイン、インターフェイスデザインに加え、JWDAの視点を加味して行われます。見た目のデザインやクリエイティビティありきではなく、審査員の中西氏が語る「グッドデザイン=グッドビジネス」という言葉のとおり、ビジネスの観点でいかに優れているかという視点もあらたに重要な審査ポイントに追加されました。「アトリエm4」は、これらの要素について高く評価され受賞にいたりました。


◇関連記事(当サイト内)
「プラルトweb」、JWDA主催の「第3回 WEBデザインアワード」にて優秀賞を獲得


◇関連リンク(当サイト外)
【記事】「JWDA WEBデザインアワード、第4回グランプリはアスクルの「みんなの仕事場」が受賞」(Web担当者Forum)


JWDA(日本WEBデザイナーズ協会)WEBデザインアワードについて
※「日本WEBデザイナーズ協会」サイトより抜粋

日本WEBデザイナーズ協会では、優秀なwebデザイナーの発掘や新しいチャンスの創造を目的に、「webデザインアワード」を開催しております。

イ ンフラとして急速に普及したインターネットにおいて多くのユーザーが増える中、インターネットを活用する上で、インターフェイスデザインやユーザービリ ティへの関心が高まりつつあります。また成長著しいオンライン広告の分野においてもそのクリエイティビティの可能性が注目されています。
当協会で は、インターネットの普及にあわせてWEBデザイナーの情報交換やスキルアップのために、さまざまな情報や場を提供してきました。「JWDA WEBデザインアワード」を実施することにより、WEBデザインに関わる人たちをクローズアップし、新しいチャンスを創造していきます。

JWDAについて
※日本WEBデザイナーズ協会」サイトより抜粋

日本WEBデザイナーズ協会は、2005年7月にWEBデザイナーの市場価値の向上を図ることにより、WEBデザイン産業の育成、振興、発展を目的として設 立された非営利団体で、会員数は約110社(名)になります。現在、月例会や「JWDA WEBデザインアワード」の開催などを通じて、WEBデザイナーとWEBデザインに関わる人や企業への情報提供や交流を深めております。






  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男