新年の料理

2011年1月12日 by Shutaro Kobayashi

ozouni.jpg

最近、料理をつくるのに興味を持ち始めました。新年最初のブログはいきなり料理。

1月だからお正月料理。お正月料理といえばお雑煮(お節料理とかあるけど・・・マズ無理)を作ろうと思い立つ。ネットには数々のレシピが掲載されているだろうから安心して作れる。さて、どれ作ってみようか・・。

そこで冠婚葬祭で頂いた「干し椎茸」があったのを思い出す。何か料理に使わないと何百年後に化石として発掘されそうな勢いなので、材料に干し椎茸が入っているレシピを検索する。

今回作らせて頂いたのは
簡単おいしいみんなのレシピが90万品【クックパッド】より
「嫁ぎ先のお雑煮+私流! 」
http://cookpad.com/recipe/1001793

作り出そうと思って、いきなり最初の難関。良く考えれば干し椎茸の戻し方なんて知らない。
パッケージの裏にも方法が書いていないので、即ネットで方法検索。

「ひたひたの水に付けて最低24時間おいてください。」

・・・つくるの明日になってしまう。そんな長期スケジュールで事にのぞむ訳にも
いかないので、スピード干し椎茸戻し方を検索。
・・・あった、一番最初の行程からこれでは先行き不安になってきたが
気をしっかり持って進みます。

え~と次は、ゴボウとニンジンを「ささがき」にして・・・ささがきって?
またネット調べようと思ったが、この調子でいくと折角5分で干し椎茸を戻しても
完成は次の日になりそうなので、記憶の片隅にある方法でささがき決行。

ナルトはなかったので、代わりにカマボコを使用した以外は、レシピ通りの内容で無事完成。
上記は出来上がり写真です。お椀が小さかったのか具を盛りすぎたのか、お餅が入っている様に
見えませんが、ちゃんと角餅2コ入っています・・・。

味はレシピが良い御蔭で美味しくできました。椎茸とゴボウのが入っているからか
食べなれたお雑煮とは大分違った印象ですが、むしろこちらの方が美味しく感じました。

  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男