基調講演レポート(第30回全国城下町シンポジウム松本大会)

2011年6月13日 by Yuichi Kasai

第30回全国城下町シンポジウム松本大会 全国の城下町の市民が「まちづくり」を考える「第30回全国城下町シンポジウム松本大会(主催:全国城下町青年会議所連絡協議会、主管:社団法人松本青年会議所)」が6月10日~12日、まつもと市民芸術館など市内各所で行われ、自分は建築家・安藤忠雄氏が、『城下町は輝けるか、これからのまちづくりと復興へのメッセージ』をテーマの記念講演会に参加しました。

まずはじめに、東日本大震災で親を亡くした遺児を支援するため阪神大震災での経験を踏まえ、育英資金を集める「桃・柿育英会」の発足について触れ、今だけでなくこれから10年間の長い期間で少しづつ支援する事の重要さを訴えました。事務局が安藤氏の事務所にあるため5月18日の発足から非常に多くの人たちからの参加があり、その大半が女性である事、その中で75歳位のおばあちゃんが『10年も支援できるか自信がない』との問合せに『できる所までやりなさい。』とした、安藤氏らしいやり取りが紹介されました。「桃・柿育英会」はサイトウキネンの小澤征爾氏やユニクロの柳井正氏なども参加して現在も引き続き参加受付中との事。

次に雇用の問題を通じ、『生き甲斐』について今が非常に重要な時期であり、将来を不安視しがちな中でも心の持ちようで前向きになれる事を、サミュエル・ウルマン(Samuel Ullman, 1840年 - 1924年)の『青春』を引用しながら説明、特に、仕事は自分から創って行かなくてはいけないし、創れるものだという理念を、『自身のこれまで手がけてきた建築物がどんな形で発注があり、その内容をどのように膨らませ、どのように周囲を納得させ自分の仕事としてきたのか』、の経緯は安藤氏だからできた事もあるだろうが、その切り口は非常にシンプルで明快で気持ちが強くなる感じがしました。

Booktower 2000/2001 Kubach-Wilmsen彫刻家クーバッハ-ヴィルムゼンが発注してきた美術館建築(FONDATION KUBACH-WILMSEN)は、当時提案まで実施した段階で、予算が『0』と判明。しかし、そこから知恵を絞り、彼らだけで創り上げる部分、安藤氏が支援する部分をわけ、非常に低予算ではありながらもお互いの協調した中で仕事として昇華した流れは、当然その中で紆余曲折はあるにせよ、何か力をもらった気持ちになりました。(Photo:Booktower 2000/2001 Kubach-Wilmsen )


第30回全国城下町シンポジウム松本大会

●関連リンク
まつもと市民芸術館
安藤忠雄(安藤忠雄建築研究所)
安藤忠雄の建築(hetgallery)
東日本大震災:安藤忠雄さんら遺児支援へ「桃・柿育英会」 毎日新聞
サミュエル・ウルマン
クーバッハ・ヴィルムゼン(kubach-wilmsen)の美術館
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男