アクセス解析の最前線へ「アクセス解析:事例紹介とGoogleアナリティクスの新機能」

2011年10月24日 by Yuichi Kasai

CSS Nite LP, Disk 19 reprise「アクセス解析:事例紹介とGoogleアナリティクスの新機能」に参加しました。
効果があがるWebサイトを提唱し構築してゆく中で、それはお問い合わせ数だったり、売上げ金額だったりします。 しかし、検証するサイト規模が大規模すぎたり、そもそも効果が測りにくいケースに対して、何回踏まれたらゴール とみなすエンゲージメントゴール、同一種類のページをグループとして纏めて検証するハイレベルサイトマップの概要など いくつもの解析方法事例が紹介されました。

01.jpg02.jpg
03.jpg04.jpg
05.jpg06.jpg
07.jpg08.jpg
09.jpg10.jpg

一環して各スピーカーがリレーしていたのは「木を見て森を見ず。ではいけない」という事。GoogleAnalyticsを代表する アクセス解析は時にはとても小さい単位の結果が見えすぎてしまって、そのことばかりに目を奪われてしまう。しかし、 本当は全体的にどうなのかをしっかり見極めることが重要だと述べられていました。

新しい話題としては、小川 卓氏が【アトリビューション】という、成果につながった元となる要因にもアシストとしての評価を与 えてゆく概念をGoogle Analyticsのマルチチャンネル機能を用いて実践している事柄や、大内 範行氏が紹介した、リアルタイム検索、サイトの速度検索(既存のトラッキンコードに任意に追加することで計測する方法:現在登録しても全部が結果として表示されるわけではない)、そして近日公開となるビジュアルフロー機能という、ユーザのサイト内の遷移が非常にグラフィカルに表示される経路分析機能などは非常に興味深く感じました。

最後に、石本 光司氏が述べられていた、デザイニング、マーケティング、エンジニアリングの部門同士は常に固有の専門用語を使うため、時にはWebサイトにおける考え方が咬み合わないことがあるが、そんな中で必ず共通で認識しあえるのはサイトの解析結果としての数値である。だからWebサイトの提案をOGSMシート(目的、戦略、戦術、ターゲット、タスク、期間、優先度、評価、ゴール)に分けた時、そのなかでしっかり数字を踏まえる事で目標ははっきりし、お互いの意識は統一しやすくなる。という事を述べられていた事が印象的でした。
できるだけここで得られた事柄を血と肉にしてゆきたいと思います。
また、司会の3名も非常に親切に解説、進行していただきその面でも有意義な時間でした。

CSS Nite LP, Disk 19
CSS Nite LP, Disk 19 reprise「アクセス解析:事例紹介とGoogleアナリティクスの新機能」(再演版)
http://lp19.cssnite.jp/reprise.html

スピーカー(順不同)
大内 範行氏(グーグル) @ouchicom
石本 光司氏 (DMM.comラボ) @t32k
小川 卓氏(リクルート) @ryuka01
いちしま泰樹氏(Cinci) @makitani
熊谷 伸志氏(イー・エージェンシー)@shinger
中島 直樹氏(ネットイヤー)@naoki_nakajima

進行司会
鷹野 雅弘氏(スイッチ) @swwwitch
山本 和泉氏(#fc0) @izuizu
安田 英久氏(Web担当者Forum 編集長)@hidehisa

主催:CSS Nite実行委員会
共済:Web担当者Forum http://web-tan.forum.impressrd.jp/
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男