【あなた流の贅沢な日常を。】トノループ・ネットワークス代表 トム ヴィンセント

2011年11月27日 by Yuichi Kasai

長野県上田市を中心にローカルなコミュニティをつくる活動をしているLoop38(運営者:間島賢一氏、井上拓磨氏)主催のイベント『モヤモヤを解消する学びVol.6』に参加してきました。テーマは『外国人からみた日本』。その内容をレポートにまとめてみました。

あなた流の贅沢な日常を。
株式会社トノループ・ネットワークス代表 トム ヴィンセント

プロフィールは『モヤモヤを解消する学びVol.6』ページを参照ください。

株式会社トノループ・ネットワークス トム ヴィンセント無形な文化が非常に多い日本
子供の頃、made in japanは安いというイメージがあった。今は高品質で高いというイメージ。安いイメージはいまは中国などアジアに強いが今のような『安い=チープ=不信感』という感覚は、日本に対しては感じたことはなかった。この感覚の存在は日本の魅力の一面を語っているように思う。

品質力の高いイメージの背景は、良い成果物が多いからだけではない。比較的安価なものにもそうした感覚が宿るのは、日本人の持っている生産過程でのプロセスが素晴らしいからだと感じている。自動車生産でよく聞く『トヨタ式』の中には製造過程の一旦を担う、各部署のエンジニアや生産管理者の大胆な改善案や要求を出し、個々の社員の力を発起させた土台が重要な意味を持っていると思う。

日本は、他国に比べて歌舞伎などに代表される無形文化として登録されている数がダントツに多い。
歌舞伎も型だけを継承しているようで、実はプロセスはどんどん進化しているから今も残っていると考えられる。文化だけでなく会社組織で考えても創業1000年を超える会社があるのは日本だけだ。

品質を維持するために、ビジネスを維持するためにそのプロセスを見直し、手を抜かない事が長い歴史を通じて『信頼感』という形になっているのだと思う。

無形文化遺産 (via Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/無形文化遺産

創業1000年以上の日本企業7社サイトまとめ (via 和柄ポータルブログ・わがらが。)
http://www.wagaraga.com/wa-life/1000yearsold-companies/

『気づき』や『読み』の文化
loop38-22.jpg以前何かの情報で、日本人と外国人(アメリカ人)に表情のアイコンを見せどのように感じたのかをアンケート集計した結果があったのだが、笑っている表情だけを見せた際はどちらも『幸せ』と答えたのに対して背景にしかめっ面の表情をおいた際(画像参照)には、日本人のほとんどが『わからない』と答えたのに対し、アメリカ人は『幸せ』を選んだ。日本人はどこかで他人の感情を察して、その中での自分を考える傾向がある。空気が読めない=KYという言葉も、読む読めない以前にそうした『空気』に意識が高い人であると思う。これはなかなかの文化だと思う。

トノループネットワークスについて
日本での仕事、体験を通じて、日本のいいもの、伝えたいものをもっと広くアピールしたい、と考えるようになってはじめたのがこの会社。よりその地域と一体化して行きたいと考えている。 四国徳島神山町での活動は、そうした経緯で開始した1つの事例。

イン神山
http://www.in-kamiyama.jp/

当初は、アーティストを呼んで神山というフィールドを使っていろいろな作品を創出した。アートという概念は地域支援のきっかけづくりには最適。地元の人間はまったく理解できなくても『作品だから』という漠然な納得をさせる事ができるから。しかし実際は役にたたないものばかり(苦笑)。
次に地域のなかで使われていない空き家を改造し、今度はアーティストに限らずどんな方でも自由に利用できるレンタルスペースを開放、利用にあたっては最低限の利用料を負担していただくが、1つ利用される方におねがいしているのは、その場所で創出された成果物を残していってもらうこと。それら1つ1つが今後の神山の魅力になってゆければと考えている。

皆さんに言いたいのは、このような活動の場に参加したように、一人一人の時間を暮らしを、あなたなりの贅沢な体験に使うことだ。お金をかける必要はない。まずはそうした事を大事にして生活することをはじめていって欲しい。

※このレポートはお話いただいた内容の一部を抜粋し掲載しています。ご了承ください。

モヤモヤを解消する学びVol.6
期日:2011年11月26日
場所:上田市 海禅寺(〒386-0011 長野県上田市中央北2-7-55)
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男