ピンタレストと楽天

2012年5月30日 by Hitoshi Hiratake

ピンタレストのロゴ

先日、楽天がピンタレストに出資したという衝撃のニュースが流れ、ピンタレストへの注目が再び集まっていますね。

日本ではFacebookやTwitterと比べるとまだまだ知名度の低いピンタレストですが、TechCrunchの記事では「ピンタレストのサイト誘導率はGoogle+、YouTube、およびLinkedInの〈合計〉を超え、さらにはTwitterをも上回っている」と紹介されるなど、現在、世界で最も熱いサイトのうちの1つといえるのかもしれません。また、ニールセン・ネットレイティングスでは訪問者数の74%が女性と報告しており、女性に人気なのも特徴的です。

今回、楽天が出資したことでどのようにピンタレストが変わっていくのでしょうか。今後の動きにも注目していきたいところです。※個人的には日本で爆発ヒットしてくれると嬉しいです!

ピンタレスト画面
実際に数ヶ月間ピンタレストを試してみた感想ですが、ほんとうに流れてくる写真・画像は素敵ものが多く、とても質の高い画像SNSだなと感じました。(女性の訪問者が多いのもうなづけます)

ピンタレスト内を巡回していると、思わず「あ、これ欲しいな」と感じる素敵なプロダクトの写真にも遭遇します。このあたりはビジネスにも使えそうな印象をもちました。

デザイン性の高い自社プロダクトの写真をピンタレストに投稿し、自社ECサイトへリンクを結んでおけばピンタレスト経由でいきなり商品の購入なんてこともありえるかもしれません。また、このECサイトとの相性の良さが楽天さんの気に入った点の一つかなと思います。

あと、ピンタレストは画像・写真が中心なので言語の壁を超えやすく、FacebookやTwitterなど比べて外国人ともつながりやすい感じがします。特に日本語ですら口下手な自分にとっては「言葉はなくてもいい」というのは実に助かります。笑


●関連記事
楽天、三木谷社長の『発見する喜びを感じながらショッピングを楽しむ
「ディスカバリーショッピング」』という言葉が心に残りました。

資生堂の「マジョリカ マジョルカ」が、公式「ピンタレスト」ページです!
既に国内でもビジネス利用されはじめているんですね。はやいな~

ピンタレストも有名になってきた証?ともいえるかもしれませんが
こういところでも標的にされはじめているんですね。
お気をつけください。



私のピンタレストページはこちら。



  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男