松本~白川郷・氷見 バスの旅

2012年9月18日 by Kenichi Yanagisawa

shirakawagoh1.jpg

先日、地区のバス旅行で白川郷・氷見へ行ってまいりました。
松本を早朝出発、安房トンネルを抜け高山へ。高山からは東海北陸道で白川郷。
白川郷から再び東海北陸道で氷見「海鮮館」で昼食。
帰りは、能越道・北陸道を使って富山市内。
富山名物ます寿司「源」へ立ち寄った後、国道41号を南下して安房トンネル~松本。
出発から帰宅まで約12時間、日帰りバス旅行としては定番のルートだそうです。


shirakawagoh2.jpg やはり、自分で運転する必要のないバス旅行の醍醐味は、朝からの呑み。
午前中から飛ばします(午後にはバテてました。。。。。)


shirakawagoh3.jpg

板蔵ラーメンの工場見学ができるドライブステーション板蔵に停車。
写真左は、定番のアングルから。右は、ドライブステーション内試食の板蔵ラーメン。


shirakawagoh4.jpg

地区の長老級の諸先輩、つまみ購入。右は、、、大盤振る舞いの松茸。


shirakawagoh5.jpg

ドライブステーション板蔵の後、東海北陸道へ。
最初のPA「飛騨河合」。ドライブステーションで購入した松茸をPA内の売店に持ち込み。
炙り交渉成立(さすがですな~、諸先輩)。
売店のおじさん、顔出し承諾済み


shirakawagoh6.jpg

早速バスの中でいただきます。おいしゅうございました。
写真右は、イワナ。
東海北陸道PA飛騨河合の五平餅と岩魚の塩焼き。よろしくお願いします!


shirakawagoh7.jpg

目的地、世界遺産「白川郷」。
結構歩きます。レンタサイクルもあるので、すべて廻るなら利用するのもいいかも。
合掌造りの家には、人が普通に生活しています。


shirakawagoh8.jpg

朝から飛ばし気味で疲れてしまったため、昼以降の写真はほとんどなし!
その希少な写真の中から、
左は、氷見での昼食。さすが、新鮮な魚が旨いです。
右は、富山市のますのすし本舗「 源」にあるますのすしミュージアム内に展示されている夜高行灯。


出不精の生活が続いておりましたが、久々に観光できました。
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男