Yahoo!リスティング広告・Googleアドワーズ広告

PPC広告で御社サイトの集客力をUP

PPC広告(Yahoo!リスティング広告/Googleアドワーズ広告)とは?

インターネットユーザーは、ある商品・サービスの購入を考えるとき、その商品名・サービス名をキーワードにして検索を行います。その検索結果と連動して検索結果画面の上や右のスペースに表示される広告、これがPPC広告です。

PPC広告は「検索連動型広告」「リスティング広告」「キーワード連動型広告」とも呼ばれます。
「Yahoo!リスティング広告(旧オーバーチュア)」「Googleアドワーズ広告」は、YahooとGoogleのそれぞれが提供するPPC広告のサービス名です。

コーヒーを通信販売で購入しようとするインターネットユーザーが、「コーヒー」「通販」のキーワードでネット検索。

ここに表示される広告が「PPC広告」。御社の広告をここに表示できます
例えば御社がコーヒーの通信販売を行っている場合、「コーヒー」「通販」で検索したユーザーに対して御社の広告を表示するよう予め設定しておきます。
Yahoo!リスティング広告・Googleアドワーズ広告パートナーサイト
PPC広告は、Yahoo/Google独自の検索結果画面に表示されるだけではありません。
それぞれのパートナーサイトの検索結果画面にもPPC広告のスペースが設けられていますので、非常に多くのインターネットユーザーにアプローチすることが可能です。

PPC広告をお勧めする理由

  • 費用対効果に優れたアプローチができる
  • ターゲットとなる客層を絞り込むことができる
  • 予算・戦略に合わせて停止・再開ができる
御社の広告を検索結果1ページ目に表示
御社をアピールする機会が確実に増加
しかも課金はクリックされた時だけ

SEO対策だけでは検索結果の上位表示が難しいケースでも、PPC広告を利用することで御社の広告を検索結果1ページ目に表示、御社の商品・サービスを確実にアピールできます。
また、PPC広告はクリックに応じて料金が発生するしくみです。たとえ何回広告が表示されたとしてても、その回数によって課金されることはありません。

届けたい相手だけに届けられる!
キーワードや配信地域の設定で
客層の絞り込み

PPC広告は、キーワードの設定を行う(どのようなキーワードが検索で利用された際にPPC広告を表示するかを予め設定します)ことで、広告を見せる客層を絞り込みます。テレビコマーシャル、新聞折り込み広告などによって御社の商品・サービスの情報を受動的に目にする不特定多数の人々と比較して、PPC広告を目にするインターネットユーザーはキーワードを自ら能動的に入力していますので、最終的には御社の商品・サービス利用へとつながる見込みが格段に高いといえます。

さらに、特定の地域に向けての配信の設定も可能ですので、御社の提供するサービスによりマッチした客層にアピールできます。

※弊社専任スタッフが各種設定・メンテナンスを代行いたします。

投資金額の設定や表示期間の調整も
細かくできるから
安心して始められます

PPC広告は、表示された広告がクリックされた際に料金が発生し予算が消化されていきますが、予算を超過することがないよう日々の広告掲載を自動的に終了する可能。ですから、限られた予算内でも安心して運用することができます。
広告掲載の停止・再開も可能。適正なメンテナンスを持続することで、機会損失を回避しつつ、より費用対効果に優れたPPC広告の運用が可能です。

※弊社専任スタッフが各種設定・メンテナンスを代行いたします。

PPC広告の基本的な設定内容
ターゲティング
  • ・どのようなキーワードを入力したユーザーに対して広告を出すか
  • ・どの地域のユーザーに対して広告を出すか
  • ・いつ広告を出すか
予算
  • ・広告がクリックされた際、1クリック当たりいくらまで支払えるか(CPC=クリック単価)
  • ・一日いくらまで支払いが可能か
お試しプランもございます。まずは、お問い合わせください!
  • お問い合わせはこちらから
  • TEL:0263-24-3550 株式会社プラルトWEB事業部
豊富な実績に裏付けされた確かなノウハウ PPCは、プラルトにお任せください。

費用対効果に優れたPPC(Yahoo!リスティング広告・Googleアドワーズ広告)の運用には、競合他社の状況までも見据えた適切な初期設定、運用開始後の経過観測・効果測定に基づくメンテナンス・改善施策が欠かせません。
経験・実績ともに豊富な専任スタッフが丁寧にコンサルティング、PPC運用の代行を担当いたしますので、ご安心してお任せください。

実績一覧へ

スマートフォンサイト構築

PRART on Facebook プラルトwebの公式Facebookページ/「いいね!」よろしく