デジタルパブリッシング最適化へと向かうInDesign CS5.5

2011年4月11日 by Eiji Saito

一部で噂がありましたが、Adobe Creative Suite5.5が正式に発表されました。

個人的にいま最も気になるのはInDesign CS5.5。デジタルパブリッシング環境にどこまで最適化されたのか、というのは同時にベータ版として試すことのできるAdobe Digital Publishing Suite(ADPS)との連携ががどのように修正・改善されているのか、ということでもありますが、そのへんを探ってみたいところ。先ごろ電子書籍への最適化がアナウンスされたばかりのQuarkXPress 9も気になるところですが、Adobeもあえてこの時期にぶつけてきたのでしょうか。

Adobeのサイトでざっと確認してみると、以下のようにいくつか表現が変更されている点に気付かされます。

・iPadのみでなく、「最新の各種タブレット向け」に出力が可能という表現に。
・統合ツールセット「Folio Producerツール」という名称が見受けられます。ベータ版でInDesignの機能拡張およびAIRアプリとして用意されていた部分でしょうか。
・上記を受け、以前からアナウンスはされていた出力ファイル「.issue」から「.folio」への変更も確定か。

一方、EPUBへの書き出しに関しても簡単に紹介されています。
・「HTML5のビデオタグおよびオーディオをサポートする電子書籍リーダー用のビデオおよびオーディオを追加することが可能」とのこと。InDesignからのEPUB書き出しはその後の修正が前提とされているので、そのへんの手間が少しでも楽になっているとよいのですが。

以上、ざっと概観してみましたが、肝心のADPSの専用ページが更新されていないようなので、結局まだ正確なところは把握できません。EPUBのほうも3.0が策定されれば、さらにHTML5との関係も強固になるのでしょうか。

正確な判断には、もうしばらく待ってみて、いろいろと検証する必要がありそうです。
ゆっくり付き合うつもりでいようと思います。

【関連する記事】


  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男