GoogleがFlashアニメをHTML5に変換するツールを公開

2011年6月29日 by Tomoya Yaguchi

米GoogleからFlashのコンテンツ(SWFファイル)をHTML5に変換するWebツール「Google Swiffy」が公開されました。

http://swiffy.googlelabs.com/

Swiffyでは、アップロードされた任意のSWFファイルからJSON(JavaScript Object Notation)形式のファイルを自動生成し、それをWebブラウザのJavaScriptが読み込み、
ベクター画像フォーマット「SVG」やCSSを利用して元のSWFファイルの内容を再現する仕組みだそうです。photo2.jpg
変換結果はGoogleのChromeや米AppleのSafariなど、レンダリングエンジン「WebKit」を搭載するWebブラウザで表示でき、iPhoneやiPadのSafariブラウザにも対応しています。

例としてはFlashコンテンツを提供しているWebサイトが、iPhone・iPadなどFlash非対応の端末にもコンテンツを提供したいといった場合に活用できます。
Googleによれば現時点ではゲームのように複雑なコンテンツの変換はできないとの事。


早速簡単なアニメーションSWFを用意して実際にやってみました!

【変換ファイル選択】
yagu01.jpg

で、いざ変換!

yagu02.jpg

( ゚д゚)ポカーン


SWF 6 (or later) clip actions are not supported.
SWF 6 (or later) clip actions are not supported.
SWF 6 (or later) clip actions are not supported.
。。。



どうやらSWFのバージョン6以降、つまりAS2・AS3の記述がされているものは現時点では変換できないようです。。。

今どきAS1のみで作られているSWFはなかなか無く、現時点ではこのサービスを利用できるSWFは限られていますが、Googleの技術力を考えればAS2・AS3に対応するのもそう遠くはないのでは ないでしょうか。

恐るべし!Google!


  • Index
  • Back
  • Index
  • Back

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男