HTML5時代のアニメ作成ツール Hype

2011年6月1日 by Eiji Saito

Mac専用のHTML5アニメーション作成ツールとして、いま注目度の高まっている「Hype」。アプリとしてMac App Storeから購入が可能、元Appleのエンジニア2名による開発ということでも話題のようです。


「Hype」はHTML5で簡単なアニメーションやインタラクティブなコンテンツを作成できるツール。htmlファイル+JavaScriptとして書き出してくれるので、Flashなどのようにプラグインを必要とするタイプとは異なり、iPad/iPhoneでも問題なく再生が可能です(つまりiOS対応)。HTML5+CSS3やJavaScriptに明るい人であれば、ひょっとしたら高度なアニメーションにも応用できるかも(吐き出されるソースにもよるでしょうけど)。

画面を見ると、Flashを使ったことのある人であればすんなり入れそうなUI。実際、タイムラインをベースに作成していくタイプのため、常に動きを確認しながら作業を進められるところは重宝しそうです。

hype00.jpg


このご時世、かつてのFLASH信奉者もiPad/iPhone対応などで頭を悩ませているケースが多くなってきているのではないでしょうか。以前Flashで制作したものをタブレットやスマートフォンでも見られるよう作り直してほしい、というクライアントからの要望も今後は増えてくるかもしれません。

とはいえ「Hype」じたいはHTML5前提のツール。ブラウザ側の対応の問題など、一般の企業のWEBサイトでの導入はまだまだ時期的に難しいかもしれません。それでもiPad用にちょっとしたプレゼンツールを準備する場合や電子書籍に動きのしかけをつくる、などのケースには強い見方となってくれる可能性もあります。

そういえば去年あたり、AdobeもHTML5アニメーションツールとして「EDGE」なるツールを開発中という話もありました。たしかHTML+jQueryに対応で、こちらもタイムラインベースで作成可能という仕様だったはず。

今後はこうしたHTML5アニメーション制作についてもジャンルが確立されていき、ソフト(アプリ)の競争も急速に激化してくるのでしょうか。となると、そのうちHTML5の世界でも高度なインタラクティブコンテンツ制作がアプリ単体でできるようになるかも。

なんだか初期に軽快なアニメーションソフトだったはずが恐ろしいスピードで高度な開発ソフトとして育っていったFlashの変遷を思わずにもいられませんが。

  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男