万治の石仏

2011年10月21日 by Yuya Mishima

諏訪地方でちょっと面白い話があったのでご紹介。

諏訪近辺の人なら知っている方が多いと思われる「万治の石仏」
私、実物は今年初めて見ました・・・。

この万事の石仏は実物を見に行くと分かるのですが、石仏の参拝方法が掲示されております。

一、正面で一礼し、手を合わせて「よろずおさまりますように」と心で念じる。
二、石仏の周りを願い事を心で唱えながら時計回りに三周する。
三、正面に戻り「よろずおさめました」と唱えてから一礼する。


私も石造参拝時にやってみました。

と、前置きはこの辺にしまして本題です。

今この万時の石仏を描いた一枚の絵が物議をかもし出しているとのこと。
下記のサイトをご覧頂きたい

sekizou.jpg
探偵ヨロズの大捜査線

お分かりいただけただろうか・・・

そう、今この(上の写真じゃないよ)一枚の絵『原田泰治先生「万治の石仏」』に描かれている2人と1匹を探す為、大捜索が始まろうとしている!
初めにこの記事を読んだとき諏訪を徘徊している2人と1匹を探し出す大ウォーリーを探せかと思いましたが、どうやら違うみたいだ。

この2人と1匹に関する最も有力な情報を提供した方には下諏訪温泉ペア宿泊券をプレゼントとのこと。

しかし、観光名所にもなっている万治の石仏。その石仏を描いたと言うのであれば写っている人物は観光客の可能性も、地元人の可能性も、宇宙人の可能性も?。

果たしてこの企画は無事完結するのでしょうか。続報を待て!

  • Index
  • Back
  • Index
  • Back

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男