【制作実績】マーケティングに活かせるWebへ 東洋技研株式会社

2011年10月31日

先日公開しました東洋技研株式会社(本社長野県岡谷市)のウェブサイトに関しまして構築時に重要視しましたポイントをご紹介します。

製品情報の登録、管理製品情報の登録、管理
端子台に代表される製品の多くは、それほど頻繁な更新は無いものの取り扱う製品種類が非常に多く、特にCADデータなどお客様が利用するアプリケーションのリリースや最新版に保つ事は非常に重要な課題でした。当初この管理をCMSツールで実現しようと試みましたが製品の階層が非常に深く、且つ製品によって微妙に表示の仕方を変化させる必要がありCMSツールと独自システムの2本立てで実現しました。社内で管理しているエクセルデータも利用しながら、どちらもブラウザ上から管理更新を可能にしています。

顧客登録、管理顧客登録、管理
20000件以上の顧客管理を実現しました。お客様の中にはすぐに東洋技研のアプリケーションを利用したい需要も多いため、登録までのステップを確実に行なっていただけるよう、シンプルな構成にしています。パスワードを忘れた場合も会員さま側で解決できる利便性、会員になった事で継続利用できるコンテンツも追加し、長期的に活用していただく工夫も装備しています。

検索し易い環境作り検索し易い環境作り
製品へのアプローチ方法を単純に製品一覧から選択していただくだけでなく、容量や規格などから辿れるような製品検索機能を設けています。またその検索欄へいつでもアクセスできるように、ほぼすべてのページから検索Windowを表示できるようにしています。

マーケティングに活かす利用状況管理●マーケティングに活かす利用状況管理
製品管理と会員管理の両方を1つのシステムで実現した事で、どの会員がどんなアプリケーションを利用したのかが解析できる機能を装備しました。具体的にいいますと、営業サイドとしては新規登録者の中から自分の営業管轄に該当するリストを簡単に抽出できるようになり、製品管理サイドとしてはログインのあるなしに関わらずどのアプリケーションが利用されているのか、どんな製品の利用率が高いのかを統計的に引き出すことができるようになっています。その為、登録者と利用内容を確認し、今までよりも更に具体的に個々の会員へアプローチができるようになっています。

美しい諏訪の風景を添えて美しい諏訪の風景を添えて
東洋技研株式会社本社は、諏訪湖の湖畔に位置しその景観は非常に美しい場所にあります。この印象をなんとか表現できないものかと、一定のCookie制御を用いてトップページにアクセスした際に一瞬だけ諏訪湖の景色を全面表示するようにしています。活用されるサイトとして設計する一方で、印象に残るサイトとしてのDesign表現も重要な要素と考えています。

今後も成果につながるウェブサイトとして成長してゆければと考えています。
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男