BYOD支援

2011年11月21日 by Tomoya Yaguchi

近頃すっかりこのプラルトWebブログもスマートフォンネタで満載ですが、
最近では、通常の業務においても私有スマートフォンを利用しようというBYODの流れが強まっています。
私有端末として一人一人のライフスタイルに合わせた多様な利用方法がある一方で、
ビジネス端末として使用する場合は業務ルールに従った利用が不可欠です。
本当のBYODを実現するためには、双方のニーズを満たすことが求められます。

日本システムウエア株式会社が提供しているクラウド型Androidスマートフォン集中管理サービス「PALLADION」(パラディオン)
ではビジネスシーンとプライベートシーンでモードを切り替えることにより、セキュリティ強化とプライバシー保護を両立し、私有Androidスマートフォンのビジネス利用を可能にしてくれます。

具体的には私有の端末を管理対象として登録し、ビジネスモードでは利用機能の制限やアクセスログの記録を行うことで、セキュアな環境を提供します。一方、プライベートモードではそれらの制限を設けない自由な利用とプライバシーの保護が可能となります。

BYODの流れは止まる事はないと思います。
まだスマフォ黎明期の今こそ、セーフティなBYOD環境を考えてみるのが良いのかもしれません。
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男