Twitterからメール

2012年5月31日 by Yuya Mishima

本日午前Twitterからメールが届く。

タイトルは「Twitterと利用規約を更新する」。
この変なタイトルに一瞬フィッシングか何かかと思いメールを削除してしまおうとまで思いましたが念のため中身を確認してみると。
サ ンフランシスコにあるTwitter本社では常に新しいことが起きています。シンプルさ、透明性、そして世界中のすべての人が利用できるものを追求し続 け、Twitterは目覚しい速さで成長をしています。そんな私たちの最新の開発についてご興味があればと思い、そのいくつかご紹介します。
  • 新しくお届けするウィークリーメール。このメールでは、見逃したかも知れないTwitter上で繋がっている人たちの最新の気になるニュースをお届けします。
  • より多くの言語で使えるパソコンサイトTwitter.com。設定からお好きな言語に変更してお楽しみください。
  • 最新のTwitterモバイルアプリ。こちらからダウンロードしてご利用ください。
  • より多くの発見があるパソコンサイトTwitter.com。新しくなった「見つける」タブをお試しください。
さらに、 プライバシーポリシー利用規約に多くの更新情報が加わりました。
プライバシーポリシーに関する主な変更点は、以下をご覧ください。
  • 収集された情報が、 サービス提供とTwitterの改良に役立てるためどのように使われるのかがより詳しく説明されています。一例として: パーソナライズされたおすすめユーザー機能。Twitterボタンやウィジェットを備えたウェブサイトの最近の閲覧に基づいて表示されるこの機能は、多く の国の一部ユーザーに公開され始めた実験的機能です。 詳しくはこちら
  • ユーザの希望に合わせ、収集する情報を制限、変更、削除できる様々な方法を紹介しています。例えば、「トラッキングお断り」(Do Not Track: DNT)ブラウザ設定への対応。パーソナライズされたおすすめユーザーに使用される情報収集を停止することができます。
  • ユーザーの情報が他者と共有される可能性のある限られた状況を明記しています(例えば、ユーザーが承諾した場合、あるいはデータが私的または個人的な情報でない場合)。重要なことに、当社のプライバシーポリシーは、第三者からユーザー情報を求められた場合に、その要求を拒否するユーザーの権利を制限するものではありません。
当社の利用規約では、Twitterとユーザーの関係がどううあるのかが明記され、また、参照しやすいよう新たな見出しを設定したり、サービス詳細についての情報を更新するなど、多くの細かな変更やフォーマット改善が行われています。
Twitterをご利用の際は、新しいプライバシーポリシー利用規約をご確認ください。
Twitterチームより
タイトルも怪しいけどこのメール本文も怪しい・・・やっぱり本文内にあるリンクはクリックしたくない。
あまりにスッキリしないのでメールのタイトルで検索をかけるとやはりこのメールが話題に上っていた。
それほどまでにこのメールは皆を困惑させたようだ。

その後 Twitter Japan よりこのメールに関する発表があったようなのでここに掲載いたします。

日本法人のTwitter Japan株式会社公式Twitterカウントより
「翻訳の途中段階のものが流れてしまいましたが、これはフィッシングではありません。ご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。」

とのことです。

このメールは日本の全ユーザーを対象としたものだが、段階的に送信するため、届いていないユーザーもいるようです。

なお、同社では今後、この内容のメールを送信することはないと説明しているため、もし今後、このような内容のメールを受け取った場合には再び注意が必要だと伝えております。 

  • Index
  • Back
  • Index
  • Back

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男