MountainLionを入れてみて

2012年8月2日 by Yuya Kimura

新しいMacOSが発売されたということで、アップデートしてみました。
それまで使用していたのは、SnowLeopardで、前バージョンのLionはなぜか使用しておりませんでした。
新しく発売になったMountainLionは、
SnowLeopardからのアップデートも可能、しかも1700円という安さに引かれたのですが...
アップロードして半日も経つと以前から使っていたソフト(
VMWareFusion)に「このバージョンには対応しておりません」というメッセージが出るようになってしまいました。慌てて調べると、自分の使っていたVMWareFusion3は型遅れでSnowLeopardにはおろかLionにも対応してないということが!!
念の為、なんかいい方法ないの!?と思いサポートにメールをすると、VMWareFusion4(体験版)のインストールを薦められました。体験版入れたら、一ヵ月後購入せざる得ない状況に追い込まれる...ということを考えると、1700円の安さに引かれたのに結局結構かかってしまう事に。

VMWareFusion4がLion仕様に作られたバージョンなので、MountainLion仕様に作られたVMWareFusion5が、すぐに出るんじゃないか。などなどの期待からなかなかすぐ購入する気にもなれません。
などなど悩みが多く、職場で相談したところ「安易にバージョンアップは危険だよ。バックアップから復元しな」と助言頂きました。
この言葉が、バックアップファイルを取っていない僕にはとてもひびきました...。次から気をつけよう。


kimura_img58.jpg

  • Index
  • Back
  • Index
  • Back

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男