Adobeのちょっといい話

2012年9月5日 by Yuya Kimura

先日アドビ システムズが「illustrator25周年記念キャンペーン」と題しアドビ製品15パーセントOFFで販売してる期間がありました、僕はこれを気に"Adobe Creative Suite"のアップデート版の購入をしようと思いましたが、急な出費となることを拒みなかなか購入に到らず、10日間という短い期間により、購入に踏み切らずキャンペーン最終日になってしまいました。
最終日は、バナーを前にこんな感じで悩むことに...
kimura_img60.jpg
購入を躊躇する理由の一つでもある"Creative Cloud"
以前のようにアップデート版を常に購入していくのではなく、年間のクラウドライセンスを購入するというプラン。周りの人の話を聞いていると、既にクラウド版の購入に乗り換えた人も多く不便はないらしい...が、「通常のアップデート版の方がやすいよ」とささやく人も...

結局、「やすいよっ」というささやきよりも、急な出費を嫌い購入を先送りにしたのですが、後日"CSS Nite in SHINSHU"というイベントに出席した際、アドビシステムズの大倉 壽子さんのトークの中で、クラウド版のメリットとしてすごくいい話を聞かせて頂きました。
それはクラウド版を購入した際は、"一つのライセンスでWindowsとMacにインストール頂けます。" ということでした。通常1アカウント2台までインストール可能となっていますが、Windows版 or Mac版と選択式になっているので、個人用に購入する場合は、Windows版 or Mac版どっちを購入するべきか悩む話をよく聞きます。そして自分も迷ったりします。そんな悩みを解消してくれる"Creative Cloud"ということで、焦って通常のアップデート版を購入せず、後々"Creative Cloud"を購入する自分の選択でとてもよかったです。

  • Index
  • Back
  • Index
  • Back

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男