iOSに対応したGALAPAGOS

2012年9月11日 by Eiji Saito

日本でのiBookstoreの展開がいつになってもなされず、このまま電子書籍ストアの乱立には歯止めがかからないのだろうか、などと思っていた矢先、8月にシャープのGALAPAGOSがよもやのiOS対応。App Storeからリーダーとなるアプリをダウンロードして利用可能です。

これは瓢箪から駒というべきでしょうか。かなり早い時期から始動していたGALAPAGOSの電子書籍、iOSユーザーにとってみれば、既に数多く世に出ているこれら豊富な資産を無駄にする手はないはず。蔵書の数では国内トップクラスのGALAPAGOS STOREなので、iPadやiPhoneで読書しようという向きには意外に受け入れられやすいかもしれません。

厳密に比較するなら、やはり電子書籍は専用端末のほうが長時間の読書には圧倒的に目に優しいかと思います(e-inkの見やすさは格別)が、そんなにいくつもデバイスを持ち歩くのも難だったりするしで、結局のところ隙間時間の読書くらいであればスマホでもまったく問題ないレベルではないでしょうか。

GALAPAGOSとはその名のとおり(?)、シャープが独自に開発・展開してきたデバイスだけに、主にサポートしている形式もザウルス時代からのXMDFや.bookだったりしますが、今後は本格的にEPUBに対応していく姿勢も見られます。

また、Retinaディスプレイに最適な高精細コンテンツも多いようで、このへんはもともとが高精細を売りにしていたGALAPAGOSならではといえそうです。

とかく大変な時期を迎えている日本企業にはあらゆる策でもって頑張ってほしい反面、iBookstoreにもいまだ一縷の望み。。そして巷では、いよいよAmazonのKindle store日本展開が囁かれる今日このごろ。
  • Index
  • Back
  • Index
  • Back
  • スマートフォンサイト構築

スタッフ

  • 平竹仁士
  • 河西裕一
  • 柳澤健一
  • 小林秀太郎
  • 丸山幸男